パソコン

0x8007001fのエラーでWindows 10からWindows 11へのアップデートに失敗する

つい先日、私の持っているPCで表題のようなエラーがでましたが、悪戦苦闘の末、無事解決できたのでその方法をご紹介しようと思います。

現象

私は現在、仕事柄3台のPCを持っています。

  1. プライベート用
  2. 仕事用
  3. お客様から貸与されているもの

この3つのうち、②と③で『0x8007001f』エラーが発生し、Windows 10からWindows 11へのアップデート、及びWindows 11 22H2へのアップデートが失敗してしまいます。

ちなみにアップデートはWindows Updateから実行しました。

実行するとしばらくは何事もなく進みます。しかし、ダンロードが終了しインストールのため再起動をすると、作業進捗が60%程で止まってしまいます。

その後、ちゃんと再起動されますが、Windows 11にはなっておりらず、Windows Updateの画面で『0x8007001F』のエラーが表示されているという状態です。

解決のために試したこと

ググったところ、コミュニティからの情報があったので確認しました。

【0x8007001f】windows10のアップデートができない

Microsoft コミュニティ

Windows 10 – Windows Update に失敗する場合の対処法

Microsoft コミュニティ

こちらで解決手段として記載されていたのは以下の通りです。

  • 方法 1 : トラブルシューティング ツールを実行する
  • 方法 2 : BITS トラブルシューティング ツールを実行する
  • 方法 3 : DISM コマンドを実行する
  • 方法 4 : システム ファイル チェッカーを実行する
  • 方法 5 : 更新プログラムを手動でインストールする
  • 方法 6 : マイクロソフト コミュニティに問い合わせる

しかし、どれを試してもうまくいきませんでした。

他のサイトも参照しましたが、似たような対応策ばかりが記載されていて、解決にはいたりませんでした。

原因が判明

原因がわからないまま色々触っているうちに、あることに気が付きました。

Window 11へのアップデートに成功しているPCは、PCのユーザーが1ユーザーのみ。

失敗しているPCは複数ユーザーいます。

これは偶然の一致?と思いつつも調べてみると、原因はこれらに関連していました。

具体的に言うと、

削除したはずのユーザーデータがシステム内に残ってしまっていることが原因だったのです。

行った対応

ここからはレジストリエディタを使い、高度な作業を行うので初心者は注意してください。

①Windowsマーク(スタートボタン)を右クリックします。

②『コンピューターの管理』を選択して開きます。

③左側のメニューに『ローカルユーザーとグループ』のメニューがあり、その中の『ユーザー』フォルダを開きます。

④その中に未使用のユーザーがいたら、名前を右クリックして削除を選択します。削除しない場合は、プロパティを選択して『アカウントを無効にする』にチェックを入れます。

⑤レジストリエディターを開きます。スタートメニューで『レジストリ』と入力すると『レジストリ エディター』が出てるくので、『管理者として実行』を選択します。

⑥左側のフォルダ一覧から、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList を開きます。

⑦ProfileListの中にS-1-5-21-XXXXXから始まるユーザーデータがあることがわかります。

⑧スタートメニューで『コマンド』と入力すると『コマンドプロンプト』が出てるくので、『管理者として実行』を選択します。

⑨コマンドプロンプトに WMIC useraccount get name,sid と貼り付けてEnterを押します。これは現在システム内で有効なユーザーデータを表示するコマンドです。

⑩上記画像のSIDの項目にて、各ユーザーの最末尾の数字に注目します。⑦の手順で表示したレジストリ内のユーザー一覧と比べ、コマンドプロンプトの表示にいないユーザーがいたら、そのデータをレジストリから削除します。

今回は末尾1001のユーザーはコマンドプロンプトにいないため、非アクティブユーザーです。右クリックから削除します。

S-1-5-18のように、短い名前のユーザーはシステムが生成したユーザーです。削除すると起動しなくなるなどの問題が起こる場合がありますので注意してください。

⑪作業はこれで完了です。再度Windows 11へのアップデートを試してみてください。

私は多少人よりはパソコンに詳しいおっさんですが、今回はなかなか苦戦しました。

確かに、②の仕事用PCは、以前プライベート用として使っていたため、削除したアカウントの残骸があり、③のお客様から貸与されているPCも、以前の利用者のアカウントの残骸がありました。

ちょっと特殊な条件だったかもしれませんが、この記事が同じような問題でお困りの方に役立てば嬉しく思います。