[Windows 10] デスクトップの標準アイコンを表示・非表示する方法

by おっさんず

このページでは、Windows 10のデスクトップの標準アイコンを表示・非表示する方法をご紹介します。

OSをクリーンインストールした場合、デフォルトでデスクトップアイコンはごみ箱しか表示されていません。スッキリしてはいますが、いざしっかり使い込み始めると、「写真を見たい」、「あの項目の設定を変えたい」といった不便なことがあるかもしれません。

この記事を参考に、デスクトップの標準アイコンを表示したり、不要なアイコンを非表示にしてみてください。

個人用設定を開く

1. デスクトップの何も無いエリアで右クリックします。プロパティウィンドウが表示されるので『個人用設定』を選択します。

2. 左のメニューから『テーマ』を選択します。表示される右側のセクションを下にスクロールしていくと関連設定という項目があるので、その直下の『デスクトップ アイコンの設定』を選択します。

3. 『デスクトップ アイコンの設定』のウインドウが表示されます。表示したいアイコンにチェックを入れて、『OK』を選択してください。

4. これでデスクトップアイコンが表示されました。非表示にする場合は、前項で不要なアイコンのチェックを外しましょう。

最後に

デスクトップの標準アイコンの表示・非表示はとても簡単ですね。
誤って削除してしまった、何かの拍子に消えてしまった場合は是非試してみてください。
どのアイコンを表示するか悩んだ場合は、比較的よく使う『コンピューター』、『ユーザーのファイル』、『ゴミ箱』を選択しておくとよいでしょう。

関連する記事