[Windows 10] デスクトップアイコンの間隔を調整する方法(2020年更新版)

by おっさんず

このページでは、Windows 10でデスクトップアイコンの間隔を調整する方法をご紹介します。

Windows 7まではコントロールパネルから簡単に設定することができた内容ですが、Windows 10ではレジストリエディターを使わないと設定することができません。

PCユーザーにとってデスクトップは最もよく使う画面と言ってもいいでしょう。
デスクトップアイコンの間隔を自在に変更することで、今までよりもより見やすく・使いやすくすることが可能です。

パソコンの買い替えなどにより、「以前の見栄えと変わってしまった…」といった状況になった際はこの記事を参考にアイコン間隔を調整してみてください。

レジストリエディタを起動する

1. デスクトップで『Windowsキー』と『R』を同時に押します。『ファイル名を指定して実行』のウィンドウが表示されます。

2. 入力欄に『regedit』と入力し、『OK』を押します。

タスクバーにある『Cortana』に『regedit』と入力してもレジストリエディタが表示されます。どちらでもやりやすい方でOKです。

レジストリエディタでアイコン間隔を設定する

レジストリはとても重要な設定ファイルの集まりです。
編集の際は関係ない個所をいじらないように注意しましょう。

上記の手順を行うとレジストリ・エディターが開きます。

ウインドウ左のレジストリ一覧から、『HKEY_CURRENT_USER』→『Control Panel』→『Desktop』→『WindowMetrics』の順に進みます。

右側のウィンドウに『IconSpacing』と『IconVerticalSpacing』という値があるので、ダブルクリックして数値を変更することでアイコン間隔の調整が可能です。

『IconSpacing』はデスクトップアイコンの横の間隔が設定できます。
『IconVerticalSpacing』はデスクトップアイコンの縦の間隔が設定できます。

上記の画像では、共に『-1500』という値が入っていて、この数値を0に近づくほどアイコンの間隔が狭くなります。
設定の数値に悩んだ場合は『-1128』(Windows 10のマシンでよく使われている数値)にしてみましょう。

PCを再起動

レジストリ変更後はPCを再起動してレジストリの変更を反映してください。

以下の画像の赤枠内は『-1128』に設定を変更した後の見え方で、その右側のアイコンが変更前の『-1500』の設定です。今回は縦の間隔だけ変更しましたが、だいぶ間が詰まって間延びした感じがなくなりました。

関連する記事