[2019年版] ThunderbirdでHTMLメールとテキストメールを切り替える方法

フリーで使えるメーラーの代表格である『Mozilla Thunderbird』。使っている方も多いのではないでしょうか?拡張機能も沢山あってとても便利です。Thunderbirdでは初期設定がHTMLメールでの送受信になっていますが、シンプルに使いたい人、もしくはビジネスシーンではHTMLメールが好まれない場合があります。この記事では、HTMLメールテキストメール切替方法を解説します!

なぜテキストメールの方が好まれるのか

最近は企業からのメルマガなどをはじめ、HTMLメールが届くことも一般的になりました。そのデザイン性から、ユーザー好印象を与えることができればマーケティングとしては有効です。また、重要なキーワードを太字にしたり、テキストの色を変えたりと、相手に内容を伝えるうえでちょっとしたアクセントをつけることも可能です。

その反面、送信元が不明もしくは信用できない場合、不正なプログラムが実行される可能性があったり、メーラー側で画像がブロックされてしまい、それを都度解除しないといけないなどのデメリットもあります。

上記のデメリットを考慮し、社内やビジネス利用では、よりシンプルで安全なテキストメールプレーンテキスト)が好まれる傾向にあります。

受信メールをテキストメールにする手順

ThunderbirdはデフォルトでHTMLメールの送受信される設定になっています。それを踏まえて、HTMLメールからテキストメール設定する手順を説明します。

まず、キーボードの『Alt』を押してメニューバーを表示させます。既に表示されてる場合はこの手順はスキップしましょう。

メニューバーから『表示』→『メッセージの表示形式』を選択します。初期では『オリジナルHTMLメール』にチェックがついているので、『プレーンテキスト』に切り替えます。これで受信メールの表示形式がHTMLメールからテキストメールに切り替わります。

送信メールをテキストメールにする手順

次は送信メールの設定をしていきましょう。テキストメールに切り替えたいアカウントで右クリックします。表示されるメニューから『設定』を選択します。

左のメニューから『編集とアドレス入力』を選択します。一番上の『HTML形式でメッセージを編集する』のチェックを外し、右下の『OK』をクリックして設定を反映します。これで返信されるメールはHTMLメールではなくテキストメールになります。