[Gmail] 送信者の名前を変更して見やすくする方法

by おっさんず

この記事では、Gmail の送信者名の部分を変更する方法をご紹介します。新しい会社や学校などでGmail が付与された最初の状態では、送信者名はメールアドレスがそのまま表示されていたり、作成されたユーザ名がそのまま表示されていたりします。メールのやりとりをする際、送信者名に組織の名前も表示させてメールの相手にわかりやすくしてみましょう。

Gmail アカウントにログインする

Gmail の設定を行うために、Gmail にログインしてみましょう。以下のURLからGmail にログインします。

ログインするアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」をクリックします。ログインするアカウントのパスワードを入力して「次へ」をクリックすると、ログインが完了します。

※ログインができない場合、メールアドレスとパスワードを間違えている、ログインするアカウントのドメイン(@より後の部分)が、メールアドレスと異なる、などが考えられます。

Gmail の設定画面での操作

Gmail で送信者の表示名を変えていない状態で自分にメールを送ってみましょう。
Gmail の画面から、「作成」をクリックします。

メールの宛先を、自分のメールアドレスに設定して、送信ボタンをクリックします。
送信が完了したら、受信トレイにメールが届きます。

送信元の名前が、Google アカウントのユーザ名と同じに表示されています。
これでは、このメールアドレスがどの会社や学校の人のものなのか分かりにくいです。

次に、Gmail の設定から送信元の名前を変更していきます。
Gmail の画面右側にある歯車のアイコン、「設定」ボタンをクリックします。

表示されるメニューの中から、「設定」をクリックします。

設定画面が表示されます。
設定画面から、「アカウント」タブをクリックします。

メールアドレスのアカウントに関する機能の設定を編集できる画面が開きます。
「名前:」の右側にある「情報を編集」をクリックします。

メールを受信した相手に、どのように自分からのメールの送信者名を表示させるかを入力します。
※ここでは、自分の名前の後に、半角のカッコ”[ ]”を入力し、カッコの中に自分の会社名を入力しています。
入力が完了したら、「変更を保存」をクリックします。
※この操作は、変更後に何度でも再変更を行うことができます。

Gmail の設定画面に戻ります。
設定画面の「名前:」の箇所が、先ほど変更した内容に変更されているのがわかります。

変更内容の確認をしてみよう

Gmail で送信者の表示名を変えた後の状態で自分にメールを送ってみましょう。
Gmail の画面から、「作成」をクリックします。メールの宛先を、自分のメールアドレスに設定して、送信ボタンをクリックします。

送信が完了したら、受信トレイにメールが届きます。
メールの送信元の名前の箇所に、[会社名]が追加されています。

変更前後で比較すると、このようになります。

いかがでしたか?新しい会社や学校などで付与されたGmail を使う際には、自分の所属している組織を送信元の名前に表示させて相手にわかりやすくしてみましょう!

関連する記事